世界中の写真を中心に掲載。



--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 スポンサー広告

2010.05.12 写真で見るソ連版スペースシャトル計画「Buran」 その儚き挑戦の歴史
History-of-Buran.jpg

NASAのスペースシャトル?いえ違います。
"計画は途中で頓挫してしまいましたが"(ここ重要)ソ連にも宇宙往還機型の宇宙船計画があったのです。
以下写真を中心にお届けします。




Buranはタイトルのようにソ連版スペースシャトルと呼ばれることが多いですが、構想としてはNASAのそれより早く、1960年頃からあったそうです(wikipedia参照)。
実際の計画はアメリカの後を追うように1980年に始められ、1984年には1号機が作られました。
そして完成へ向け改良を重ね、飛行テストを重ね…


































1988年11月15日午前3時(協定世界時)にバイコヌール宇宙基地から発射され、206分間にわたり無人で地球軌道を周回し、









発射場所であるバイコヌール宇宙基地の滑走路に自動着陸を成功させました。








その後、1992年の有人飛行を目指しテストと改良を重ねるBuranでしたが…















1991年ソ連崩壊とともに計画は消滅。

カザフスタンのバイコヌール宇宙基地に保管されていたBuran機自体も、2002年の暴風でコンテナごと崩壊し、その志半ばで朽ちてゆきました。









ただし悲しみばかりではありません。
試験機であるBuran OK-GLIはオーストラリア、バーレーン、ドイツと世界各地で展示され、Buran専用の輸送機であったAn-225 ムリーヤは世界最大の貨物機として現役で活躍しています。
そしてソユーズを代表するように使い捨て型の宇宙船が主流のロシアの宇宙計画ですが、プロトンロケットの限界を超える要求が今後増加した場合に備えて、計画も「現時点で凍結」に改められているそうです。

関連記事
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加 Russia ロシア

  管理者にだけ公開する


トラックバックURL
http://sozotokku.blog120.fc2.com/tb.php/109-63c0f973



    FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして




    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -




    [ジャンルランキング]
    写真
    703位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    256位
    アクセスランキングを見る>>

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:


    この人とブロともになる





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。